スイス・サポートのロゴ

やってみよう、スイス個人旅行!

やってみよう、スイス個人旅行!  <宿泊と食事>

ホテルの朝食はこんな具合

スイスのホテル~朝食風景イメージ
スイスの朝は早いので、チューリヒなど都市のホテルの朝食のスタートは6時半頃と、比較的早くスタートします。

これが山岳リゾートになると7時~7時半スタートがほとんど。 スイス人を含め、休暇にきているヨーロッパ人は 日本人に比べると遅寝、遅起きです。朝は8時をだいぶ過ぎた頃に ようやくポツリ、ポツリと現れたりします。

反対に日本人旅行者、それも特にご年配の方は早寝、早起き。早朝から起きて山の朝焼けを写真に撮り、 ホテルの周辺を散歩したり、その日の観光に持っていくものをチェックしたりと準備に余念がありません。

朝食の席は、通常ならどこに座ってもOKです。ただホテルによっては席を決めている場合があり、 テーブルの上に部屋番号か名前の入った紙を置いています。

スイスのホテル~朝食風景イメージ
席についたら部屋の鍵をテーブルの上に置きます。そしてホテルの給士さんが来て必ずこう言います。 「Coffee or Tea? 」。そしてコーヒーか紅茶を選んで、それが来るまでの間、 ビュッフェ形式になったテーブルから好きなものを選びます。

リゾートのホテルの場合、3星中級クラスのホテルでもパンに加え、ハム、チーズ、シリアル類、 ヨーグルト、フルーツ、オレンジジュースやミルクなどが揃っています。4星以上のホテルになると、 さらに暖かい卵料理なども加わり、朝からもうお腹一杯になりそうです。

結構バラエティー豊かなので、ひと通り食べないと、気がすまないような人もいます。でも勢い余って、 そこでお昼のサンドイッチまで作ってしまうようなことは絶対に止めましょう。 特に何人かでこれを始めるとホテルにばれて「チェックアウトでしっかり請求されちゃった!」 という話も聞いたことがあります。

< 前のページ(ホテルは夕食付き?)   l  次のページ(予約の方法) >


宿泊と食事:目次
ホテルの等級 ホテルの選び方 バスタブとシャワー
部屋からの眺め ツインとダブルの違い ホテルは夕食付き?
朝食はこんな具合 予約の方法 チェックイン
ホテルの利用アドバイス 山岳ホテル 貸別荘(アパートメント)
レストランの利用 水について メニューの読み方