スイス・サポートのロゴ

やってみよう、スイス個人旅行!

やってみよう、スイス個人旅行!  <宿泊と食事>

ツインとダブルの違い

スイスのホテル~ツインベッドのイメージ
ベッドが二つに分かれるのが「ツイン」、分かれないのが「ダブル」となります。 筆者が旅行会社にいた時、スイスのホテルの予約に際し、バスタブと同様にこの 「ツイン=分かれたベッド」のリクエストも重要なポイントでした。 特に同姓どうしのグループで、 間違ってダブルベッドになったりすると大変です。

「朝起きるとすぐ横に、同行者の顔が・・・」なんてことはあまり想像したくないですよね。 たとえご夫婦の旅行でも、ツインのリクエストが常でした。

ところがスイスのホテルと予約上の連絡をする際、ベッドが分かれていようがいまいが、 全部ひっくるめて「ダブルルーム」とよく言ってくるので、ややこしくなります。 ヨーロッパやスイス人は、ほとんどが家族客なのであまり気にしてないのかも知れません。 そこで特に初めて手配するホテルの場合は、必ずSeparate beds(分かれたベッド)をいう単語が重宝しました。

二つに分かれたベッドでも、並んで置いてあってダブルベッドのように見えることがあります。 でも実際にはベッドがふたつに分かれているので、隙間を空けることができます。

ただやっかいなのは、マットは一応分かれていても、大きな木枠に入っていて間を空けることができないタイプのベッドもあります。 「ジャーマン・ツイン」と呼ばれるタイプで、ツインとダブルの中間のような感じです(枕、ふとん、マットは二つづつあります)。

ベッドタイプの違い

いずれにしてもベッドのタイプで困った場合は、ホテルのフロントに部屋を替えてもらえるか聞いてみて下さい。 「セパレート・ベッド」で通じない場合は、紙にイラストを描けば大丈夫!

< 前のページ(部屋からの眺め)   l  次のページ(ホテルは夕食付き?) >


宿泊と食事:目次
ホテルの等級 ホテルの選び方 バスタブとシャワー
部屋からの眺め ツインとダブルの違い ホテルは夕食付き?
朝食はこんな具合 予約の方法 チェックイン
ホテルの利用アドバイス 山岳ホテル 貸別荘(アパートメント)
レストランの利用 水について メニューの読み方