スイス個人旅行の情報が満載。スイスのホテル、貸別荘の予約もここで!

やってみよう!スイス個人旅行

バスタブとシャワー

スイスのホテル~バスルームのイメージ

空気が乾燥しているスイスでは、バスタブなし、つまりシャワーのみの部屋がけっこうあります。 これはスイスに限らず他のヨーロッパでも同様です。 「えー!シャワーだけ?」「そりゃ余程ひどいホテルだろう!」なんて声が聞こえそうですが、 高級クラスのホテルでもシャワーのみの部屋の場合もけっこうあります。

「毎晩たっぷりのお湯に浸かって、一日の疲れをとる」といった習慣のないヨーロッパ人。 もともとバスタブを全室に備える必要性もなかったのです。

スイスでは「バス付きの部屋」と言えば、広い意味でシャワーのみの部屋も含まれ、 厳密に分けていない場合もあります。ということで、私が旅行会社で手配を行なう際には、ホテルに対して必ず くどいほど「バスタブ付きだよ、シャワーだけじゃないよ」と確認しなければなりませんでした。

さすがに普段日本からの予約を受けるホテルでは、「日本人は必ずバスタブ手配」 は常識のようになっています。私も今まで数限りないホテルの視察をしてきましたが、 たいがいのホテルはこのことをよく判っていました。

スイスのホテルイメージ

ついでに聞いた話では、
フランス人には「バルコニー付きの部屋」
イギリス人には「枕を二つ」
アメリカ人には「とにかく広い部屋」だそうです。

このように現地でも有名な「日本人=バスタブ手配」の図式ですが、 最近は若い方を中心に、 必ずしもバスタブに拘らない人も増えているようです。 部屋代が少し安くなるなら、 別にそちらでも大丈夫・・・というわけです。

ミューレンのとあるホテルでは、ユングフラウ三山が見える眺めの良い部屋はシャワーだけ、 反対側で眺めがたいしたことない部屋はバスタブ付きにして、バランスをとっていました。 あなたならどちらを選びますか?



宿泊と食事:目次
ホテルの等級
ホテルの選び方
バスタブとシャワー
部屋からの眺め
ツインとダブルの違い
ホテルは夕食付き?
朝食はこんな具合
予約の方法
チェックイン
ホテルの利用アドバイス
山岳ホテル
貸別荘(アパートメント)
レストランの利用
水について
メニューの読み方

↑ PAGE TOP