スイス・サポートのロゴ

やってみよう、スイス個人旅行!

やってみよう、スイス個人旅行!  <その他の案内>

スイスでの高山病対策

スイスの高地展望台イメージ
高山病とは、標高2,000メートル以上の高所で発生する、低酸素による身体症状の総称です。 スイスでは2,000メートルを越える展望台などあちこちにあるので、高山病の問題は避けて通れません。

高山病には、誰もがかかる可能性がある「山酔い」と呼ばれる症状、そして命にかかわる高所肺浮腫、高所脳浮腫の3つに分かれます。 高いところに行って気分が悪くなったり、頭痛がしたりするのが「山酔い」です。もしそんな症状が現れたら、 速やかに登山電車やロープウェイで下におりて休みましょう。 下におりた途端に、何事もなかったかのように元気になる場合もあります。 でもあまり無理せず、用心して部屋で安静にしておきましょう。

山酔いは3,000mの高度で10%、3,500mの高度で30%の人がかかると言われていますが、個人差もかなりあります。 ユングフラウヨッホやゴルナグラートなど、日本人に人気の展望台の高度は、標高3千メートルを超えています。 マッターホルン・グレッシャーパラダイス(クラインマッターホルン)の場合は、標高3,800メートル以上。 富士山の3,776mを越えています。

スイスの高地山岳ホテル
団体旅行の場合、ちょっと気分が悪くなっても「他のメンバーに迷惑をかけたくない」と遠慮して我慢してしまいがちです。 そして症状をさらに悪化させてしまいます。 その点、個人旅行なら気兼ねすることなく、体調が悪くなれば予定を変更できます。 人間の体は高度に少しずつ順応するので、 例えばスイス到着の1~2日目にいきなり「山岳ホテル泊」といったような予定も避けましょう。

展望台では、以下のポイントに気をつけましょう。
<ポイント1> ゆっくり歩く。大きな声を出すのもなるべく控える
<ポイント2> アルコールを控える
<ポイント3> 水を多めに、こまめに補給する
<ポイント4> 腹式呼吸で深呼吸をする

< 前のページ(スイスでの病気とケガ)   l  次のページ(時差ぼけ対策) >


その他の案内:目次
英語の通用度 スイスでの服装 ハイキングの注意
スイスのチップ事情 スイスの両替事情 ショッピング
病気とケガ 高山病対策 時差ぼけ対策
紫外線対策 団体ツアーの回避法 主な美術館/博物館