スイス・サポートのロゴ

やってみよう、スイス個人旅行!

やってみよう、スイス個人旅行!  <その他の案内>

スイスの両替事情

スイスの両替イメージ
スイスでは、空港や駅の両替所、街中の銀行、ホテルなど、両替できる場所があちこちにあるので、とても便利です。 手持ちのスイスフランが足りなくなった時、日本円から簡単にスイスフランに両替できます。

筆者は一度フランスのグルノーブルという街で、両替の必要に迫られたことがありました。 その時はユーロ導入前のフランスフランだったのですが、ある程度大きな町ということもあり、どこかで簡単にできると考えていました。 ところがまず鉄道駅に両替所がありません。そして街中を歩きながら、ようやく3軒目の銀行で換金することができたのです。 スイスの両替の便利さに慣れてしまい、こんなに両替ひとつで苦労するとは思いませんでした。

スイスはユーロ通貨圏に参加していないので、通貨はスイスフランになります。現地ではスイスフランのことを、 CHFまたはSFRと表記します。 自動両替機は空港にもあります。

♦カードの通用範囲は?

VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレスなど主なクレジットカードなら広く通用します。JCBの通用度は、 VISAなどと比べると 低くなります。主な支払いはカードで済ませ、必要に応じて現金を出発前、または現地で両替するのが良いでしょう。

♦ユーロはスイスで使えるか?

まるで陸の孤島のごとく、スイスフランの牙城を守り続けるスイス。ユーロもだいぶ浸透しており、 例えばヨーロッパの他の国の後、余ったユーロをスイスで使うことも可能です。 レストランなどでは、スイスフランに併記して ユーロ表示もだいぶ浸透しています。

ただしお釣りはほとんどの場合スイスフランできます。また、お店などが決して損しない換算レートを使用しています。 やはりスイスでは「スイスフラン」が原則。余ったユーロの現金を使いきりたい・・・といった場合に良いでしょう。

< 前のページ(スイスのチップ事情)   l  次のページ(スイスでショッピング) >


その他の案内:目次
英語の通用度 スイスでの服装 ハイキングの注意
スイスのチップ事情 スイスの両替事情 ショッピング
病気とケガ 高山病対策 時差ぼけ対策
紫外線対策 団体ツアーの回避法 主な美術館/博物館