スイス・サポートのロゴ

やってみよう、スイス個人旅行!

やってみよう、スイス個人旅行!  <その他の案内>

スイスでショッピング

スイスでショッピングイメージ
スイス個人旅行の場合、団体ツアーと違って「指定」の店に連れていかれることもないのがメリットです。 旅程の中で、どのあたりで買い物の時間を組み込むか、考えておきましょう。荷物のことを考えると、スイス滞在最後の1~2日が良さそうです。

最後の1泊が都市ならちょうど良いですね、でもその日が日曜や祝日なら、ほとんどの店は閉まっています。 また、月曜の午前も休んでいる場合がけっこうあります。

「どうしてもシッッピングをしなければならない!」という事情がある方は、最後の日にどうぞと言われても、 なるべく早い段階で済ませしまいたいもの。途中で荷物が増えてスーツケースに入らなくなりそう!という場合は、 サブバッグを持って行きましょう。

持ち運びに困った場合は、チューリヒやジュネーブなど帰国便の出発空港駅まで別送りすれば便利です。 ただし壊れ物は入れないようにして下さい。荷物は到着日を含め、5日間無料、それ以降は一日5フランの料金で保管してくれます。 出発の時に忘れずにピックアップします。 買いすぎて空港預けの重量制限も越えないように!

スイスでは店に入って店員さんと目が合ったら、必ずにこりと笑って「ハロー」とか「コンニチワ」とか言って下さいね。 黙って店に入って、一言もしゃべらず、いろいろ見たあげくに黙って出て行く・・・これけっこうスイスの人に不気味がられているようです。

スイスでのおみやげの定番と言えば、時計、チョコレート、木彫り製品、刺繍製品、カウベル、アーミーナイフ、などです。 都市で定期的に開催される朝市をブラブラするのも面白いでしょう。
< 前のページ(スイスの両替事情)   l  次のページ(スイスでの病気とケガ) >


その他の案内:目次
英語の通用度 スイスでの服装 ハイキングの注意
スイスのチップ事情 スイスの両替事情 ショッピング
病気とケガ 高山病対策 時差ぼけ対策
紫外線対策 団体ツアーの回避法 主な美術館/博物館