スイス個人旅行の情報が満載。スイスのホテル、貸別荘の予約もここで!

やってみよう!スイス個人旅行

スイスの市電と市バス

スイス、チューリヒの市電風景

これまで紹介した交通機関は、とても機能的でわかりやすく出来ているので、「乗ってみよう!」と言えるのですが、 市電と市バスに関しては、「誰でも簡単」と言うわけには行きません。というのは、

(1) 路線がとても複雑(特に大きな都市)
(2) 切符の買い方が難しい
(3) 降りるタイミングが難しい
と3つのハードルがあります。

そもそも、こういった市電や市バスを使う場面がどの程度あるか?ですが、スイス最大の町、 チューリヒでも旧市街など主な観光スポットなら、1時間半ほどの徒歩圏内です。ですから、普通に歩ける人なら、 「乗れなければ全く動きがとれない」という状況は、あまり考えられません。

それでも行きたい場所が郊外にある、あまり歩きたくない、足が弱い・・・といったことで、 利用したい場合の対処を考えてみます。 まずホテルや現地のインフォーメーションで、路線図をもらいます。ホテルチェックインの時にもらう街の案内の中に、 記載されている場合もあります。よく研究して目的地への路線番号を把握します。

日本であらかじめ調べたい場合は、search ch のサイトが便利です。都市の地名を何度かダブルクリックして拡大した後、 バスのマークをクリックすれば、停留所の名前と各方面への 路線番号、時刻表などが出てきます。

切符は停留所の自動販売機で購入します。ガイドブックで、切符の買い方を詳しく紹介しているものもありますが、 普通の人にはとても難しいと思います。スイストラベルパスがあれば、ほとんどの町で通用するので、購入の手間もなく、安心です。

車内の電光掲示と路線図を睨みながら、降りることになります。地名がドイツ語やフランス語などのため、 ここが難しい部分ですが、最近は各停留所の名前をモニターで確認できるバスも増えてきました。 降りる場所が近づいた頃に、近くに座っている親切そうな人に教えてもらう方法があります。 降りる前に車内の降車ボタンを押してください。



<<目次    < 前ページ     l    次ページ >

↑ PAGE TOP