スイス個人旅行の情報が満載。スイスのホテル、貸別荘の予約もここで!

やってみよう!スイス個人旅行

スイス、月別の特徴:秋~冬

秋のツェルマット

<9月>
スイスでは花の見頃はほぼ終わってきますが、比較的天候が安定し、引き続きハイキングもお薦めの時期です。 特に週末の人気の観光スポットでは、地元のハイカーで賑わいます。

<10月>
山のケーブルやロープウェイは、だいたい10月中旬頃までまだ動いています。 木々の葉が色づき、静かで落ち着いた滞在を楽しむことができます。 ジビエ料理と呼ばれる鹿やウサギなどの、 この時期限定の肉料理も楽しめるので、食通にはお薦め。

10月にお薦めの場所:
・黄葉が見事なエンガディン地方(サンモリッツ周辺)
・葡萄畑が美しいレマン湖地方(世界遺産のラヴォー地区など)

秋のエンガディン地方

<11月>
ほとんどの山岳リゾートはシーズンオフに入ります。ユングフラウ地方やツェルマットなど、 有名な観光地はこの時期でも登山電車を動かしていますが、これはむしろ例外的なケース。 通常は山の交通機関は停止となり、ホテルも閉めていることが多いので、この時期の旅行は都市をベースにした方が無難です。

<12月>
いよいよスキーシーズンの到来です。12月上旬から中旬は、航空運賃やホテル代も安いので、狙い目。 この時期の積雪ですが、年によってはまだ十分でない場所もあるので、標高が高いツェルマットがおすすめです。 12月20日を過ぎるとクリスマスから年末の休暇のシーズンに入り、スキー場のホテルは混雑する上、料金もはね上がります。

冬のマッターホルン

<1月>
お正月を過ぎてから出発すれば、航空運賃がくんと安くなります。現地のスキー場では積雪も安定する上、 ホテル代も比較的安くなるので、この時期にお休みが取れる人はラッキーですね。ただし一番寒くなる時期なので、防寒対策は十分に。

<2月>
現地では「スポーツ休暇」の時期に入り、スキー場は比較的混雑します。当然ホテル代も高くなります。

<3月>
だんだんと日が長くなり、スキー場でも春の訪れを感じる時期です。雪の状態はまだそれほど悪くなっていないため、 比較的暖かいこの時期もお勧めです。スキー以外にもウィンターハイキングやそり遊びもおすすめ。 1月と比べると、航空運賃が少しづつ高くなってくるのが難点ですが・・・

<4月>
毎年移動するイースター休暇の後、スキー場は再びシーズンオフに入ります。ハイキングにはまだ時期が早いので、 この時期は都市観光を中心にした方が無難でしょう。

ということで、旅の目的と場所によって、そのベストシーズンは微妙に異なってきます。 出発時期によって航空運賃も変動するので、 予算とも相談しながら一人一人の「ベストシーズン」を見つけてください。



<<目次    < 前ページ     l    次ページ >

↑ PAGE TOP