スイス・サポートのロゴ

やってみよう、スイス個人旅行!

やってみよう、スイス個人旅行!  <荷物の移動>

列車の荷物置きスペース

列車の荷物置き場
乗換えが少ない場合や、到着してすぐに自分の荷物が必要な時などは、大きな荷物を自分で持っていくことになります。 大きな駅では階段に加えてスロープも整備されています。駅のホームから列車に乗せる時に段差がありますが、 いったん車両に積んでしまえば大丈夫。

車両の端(ドア付近)に大きな荷物を置くスペースを確保している車両も最近はだいぶ増えてきました。 荷物置き場の近くの席が開いていればそこに座りましょう。 座席が離れた場合、鍵のかかったスーツケースが盗難に合う 危険性はかなり低いと思いますが、バーに結び付ける形で施鍵できれば万全です。

小さめの荷物の場合は、座席と座席の背中合わせになった空きスペースに置くことも可能です。

< 前のページ(駅~ホテル間の運搬方法)   l  次のページ(フライト・ラゲージ) >


荷物の移動:目次
荷物託送サービス ラゲージ ドアツードア・ラゲージ
サービスの信頼性 駅~ホテル間の運搬 列車の荷物スペース
フライト・ラゲージ