スイス個人旅行の情報が満載。スイスのホテル、貸別荘の予約もここで!

やってみよう!スイス個人旅行

サンモリッツ周辺のパス

エンガディン地方のケーブルカー

サンモリッツを中心とする、エンガディン地方には「ベルグバーネン・インクルーシブ」というパスがあります。 ドイツ語の「ベルグバーネン」は、山岳交通機関の意味。ロープウェイやケーブルカーのことです。

「インクルーシブ」とは「含まれている」という意味で、サンモリッツを中心とするエンガディン地方の約100軒の加盟ホテルに1泊以上すると、 入手できます。チェックインの時に、もしホテルが渡し忘れていたら、その場でしっかりリクエストしましょう。

このパスがあれば、ピッツ・ネイル、コルヴァッチ、ディアヴォレッツァ、 ムオタス・ムライユなどエンガディン地方合計13ヶ所の山岳交通機関がなんと無料! さらにエンガディン地域内の鉄道、バスも無料になります。

無料になる山岳交通機関

<サン・モリッツ>
♦スヴレッタ~ランドリンス(チェアリフト)
♦サン・モリッツ・バート~シニャル(ゴンドラ)
♦サン・モリッツ・ドルフ~カンタレッラ~コルヴィリア(ケーブル)
♦コルヴィリア~ピッツ・ネイル(ロープウェイ)

<ポントレジーナ>
♦ポントレジーナ~ラングワルト(チェアリフト)
♦ベルニナ・ディアヴォレッツァ麓駅~ディアヴォレッツァ展望台(ロープウェイ)

<ツェレリーナ>
♦ツェレリーナ~マルグンス(ゴンドラ)
♦マルグンス~トレ・フルール(チェアリフト:金曜のみ運行)

<シルヴァプラーナ>
♦スールレイ~コルヴァッチ(ロープウェイ)

<シルス>
♦シルス・マリア~フルチェラス(ロープウェイ)

<サメーダン>
♦プント・ムライユ~ムオタス・ムライユ(ケーブル)

発売期間は、5月1日~10月31日の夏季。 ただし5~6月と10月のシーズンオフは運行停止の山岳交通機関も けっこう出てくるので要注意です。

加盟ホテルのマークは青のロープウェイ。その隣にバスのマークもあれば、山岳交通機関に加え、以下の 交通機関にも使えます。

♦エンガディンバス
♦エンガディン域内を走るポストバス
♦サン・モリッツの村内循環バス
♦レーティッシュ鉄道下記の路線(2等)
Cinuos-chel/Brail - Maloja St. Moritz - Pontresina - Alp Grum St. Moritz Samedan - Pontresina Bever - Spinas

加盟ホテルのリスト>>

長年スイスと関わってきた私も、導入された当初は「加盟のホテルに宿泊するだけで、 エリア内の山岳交通機関が無料とは夢みたい! 本当かな?」と訝ったくらいでしたが、 個人旅行にとっては実にありがたいシステムです。



<<目次    < 前ページ     l    次ページ >

↑ PAGE TOP