スイス・サポートのロゴ

やってみよう、スイス個人旅行!

やってみよう、スイス個人旅行!  <交通割引パス>

マッターホルンと登山電車

ゴルナグラート鉄道とマッターホルン

ツェルマット・ピークパス

ツェルマット滞在中に、観光やハイキングであちこちの展望台に上がるのに便利なパスです。 1日券から21日券に加えて1ヶ月券もあるので、滞在期間に合わせて選ぶことができます。 「天気の良い日だけ使いたい・・・」といった場合は、5日間の中から3日間、または6日間の中から4日間、 選んで使えるフレキシータイプもあります。

さらにツェルマットでの滞在を伸ばしたくなった場合は、1日券、2日券、または3日券の延長券(エクステンション・チケット)もあります。 「せっかくだから夏スキーをやってみたい」という人には、1日29スイスフランの追加で、スイス最大級のサマースキーのゲレンデで滑ることができます。

このパスを購入すれば、ツェルマットから上がる下記の展望台に、通用期間内なら何度でも利用できます。
・ツェルマット~マッターホルン・グレッシャーパラダイス(クラインマッターホルン)
・ツェルマット~シュヴァルツゼー
・ツェルマット~ゴルナーグラート
・ツェルマット~スネガ
<追加の特典>
・ランダ~テーシュ~ツェルマット間の鉄道
・マッターホルン・グレッシャーパラダイスにあるグレイシャーパレスの入場
・ツェルマット村内の循環バス

このパスの発売は、年間を通して発売されており、夏(7~8月)のハイシーズン、春(5~6月)と秋(9~10月)のミドルシーズン、冬(11月~4月) のローシーズンの3つの時期により、料金が異なります。

スイストラベルパスを持っている場合、ピークパスを割引き価格で購入できます。 しかしスイストラベルパス自体でツェルマットの山岳交通機関は50%の割引きになるので、さらにピークパスを購入すべきか悩ましいところ。 ツェルマットに数日間滞在してほぼ毎日のように展望台へ上がる場合は、スイストラベルパス(またはフレックス)に加え、 ピークパスを購入するメリットが出てくるでしょう。

ピークパスの購入は現地の山岳鉄道駅窓口にて。


交通割引パス:目次
各パスの特徴 スイストラベルパス(連続)
スイストラベルパス(フレックス) ハーフフェアカード
ファミリーカード ジュニア・トラベルカード
パスの通用路線図 ユングフラウ・トラベルパス
ユングフラウVIPパス ツェルマット・ピークパス
サンモリッツ周辺のパス パスのバリデーション
冬のマッターホルン

スイスのシンボル、マッターホルン